年末と言えばとうふちくわ

僕は、32歳の配管工です。
年越しといえば、実家に帰省して地元で過ごすという方も多いですよね。
しばらく顔を会わせていなかった友人と、久しぶりに再会なんて事も良くあると思います。
普段、地元から離れている僕も、大晦日は実家に帰る事にしています。
毎年地元に帰ると、やはり学生時代にバカやってた友人で集まったりするんです。
そして、みんなで元日の夜中に集まって、不思議なイベントを開催しているんです。それが『路上大貧民』なんです。
いつも、決まって仲の良い一人の家に集まって宴会等をするのですが、場も盛り上がってきたところで外に出るんです。
住宅街という事もあり、元日の夜は人っ子ひとり歩いていません。
まるで自分達以外の人間が、街からいなくなってしまったかのようなんです。
車通りも殆どありません。
真冬の空気が気持ち良く、最初は道路に寝そべったり、普段は絶対出来ないような事をしていたんです。
更にある時から何故か、トランプを広げて大貧民大会を始めるようになったんです。
学生時代の特有の悪ノリでしょうね。ごく稀に車が来る事もあって、ご迷惑をお掛けする事もあります。体が冷えきって、寒くなったところで終了です。
また室内に戻り、飲み直しです。
一体誰がこんな事しようと言い出したかも分からないし、何故大貧民なのかも分かりません。
ただ、こんなおかしな事をかれこれ5、6年やってます。
自分達でも、くだらない事やってるなと思いますが、仲のいい仲間とバカな事やるのは楽しいです。ちなみに締めは鳥取県のB級グルメとうふちくわを食べて終了です。